聖なる芸術とモデルニテ

芸術の秋の展覧会の、簡単レポートです。

一つ目は、名古屋市美術館の開館30周年記念 ザ・ベスト・セレクション。東山動物園にまつわる歴史的に貴重な作品と、横山葩生という日本画家の絵が強く印象に残りました。横山さんの作品は、海と雨のみずみずしい表現が美しく、ずっと眺めていたくなる絵でした。その他、有名なアーティストの作品がたくさんあり充実した空間となってました。

続いて、パナソニック汐留ミュージアムの開館15周年の特別展、ジョルジュ・ルオー 聖なる芸術とモデルニテ。講師佐野が東京へ作品展示に行った際に見てきました。
 チラシに使われている絵「ヴェロニカ」と絶筆「サラ」。長い時間をかけて少しずつ加筆されていったのを想像しながら、それらの絵の前にあったベンチに座り、長い時間作品を鑑賞しました。絵の具の厚みがすごい!一番厚いところで2センチの厚みがあるそうです。これは印刷ではわかりません。
余談ですが、会場を出たところで岩名泰岳さんという三重県伊賀市在住のアーティストにバッタリお会いしました。島ヶ原村民芸術「蜜の木」という活動をされている人です。

四日市のギャラリーへも山画廊さんの三重県の作家展や、目黒陶芸館さんの中島晴美展、町屋スタジオ侶居さんでの中島 世津子 ダメーム 作品展「たたずむかげ」などに足を運びました。三重を感じたり、また、作品の世界に浸り、ふと我に返ると四日市にいることを思い出したり、ここ四日市でもこうしたギャラリーがあり、作品を見られるのをうれしく思います。

展覧会ではありませんが、先日、海上保安庁のポスターコンクールの審査に関わらせていただきました。海からの四日市です。船から見る四日市の海は、とても新鮮で すがすがしいところでした。

秋分

半袖だと少し肌寒い気候になってきました。秋分の日も過ぎて、夕方暗くなるのが早くなってきました。季節の変わり目ですが、皆さん風邪など引かずに、元気に絵を描きに来てくださいね。お待ちしております。

四日市市主催の四日市市美術展覧会を文化会館に見に行ってきました。閉館間際に行ったのでお客さんが少なく静かな会場内に、気持ちのこもった作品たちと、油絵の具の匂いがいい感じでした。地域に住む人や勤務する人誰もが参加できる、みんなに開かれた展覧会があるということは、とても大事なことですね。美術芸術が広く親しまれ、美術や芸術の力を信じられる街になっていくといいなと思います。

台風

先々週に引き続き、また台風が来ました。9月4日(火)は、台風のため臨時休校とさせていただきました。お手数ですが、授業を別の日へお振替ください。楠々社では、毎月第3日曜日の午前の部(9:00-13:00)を、振替に利用できる日曜開校日としております。(回数券の方や無料体験にもご利用いただけます。また、日曜日に限らず、空きがあれば、他の開校日にも振替ができます。)
お手数ですが、安全のためご理解ご協力のほどよろしくお願いいたします。

最近の教室の様子です。季節が少しずつ移り変わっているのを感じます。

先日、名古屋市美術館で開催中の至上の印象派展ビュールレ・コレクションを見に行ってきました。モネの絵だけですが、写真が撮れる絵がありました。行く度に工夫が見られます。ちょうどこの日に子ども向けの美術プログラムが開催されていました。美術館ならではの興味深い内容でした。三重県からも参加できるようです。

夏至

教室の終わるころの時間に、外の明るさに驚いて、気が付けば夏至の日でした。紫陽花から向日葵へ、だんだんと夏が近づいてきています。

 

名古屋市美術館で7月1日(日)まで開催中の「モネ それからの100年」に行ってきました。展覧会のタイトルからはモネの作品は少ないのかなと思いましたが、たくさんありました。マーク・ロスコやデクーニングなど、その他の作品も豪華でした。睡蓮の絵で有名なモネですが、その睡蓮も今は花の季節だそうです。

 

展覧会へ行こう!

身の回りで開催されている展覧会に足を運び、作品を、展示を見ることによって、制作へのひらめきや 何かしらの刺激を得ることができます。そして、意外と身の回りには表現者がたくさんいることに気づきます。展覧会は雨でも大丈夫なところが多いので、梅雨のこの時期の休日の計画としてもおすすめです。展覧会のすすめとして、最近出掛けた展覧会のレポートをお届けします。

阿下喜で行われている展示を見に行ってきました。岩田商店ギャラリーさんでのはしもとみおさんと本多絵美子さんの二人展「いきものたちのあつまるアトリエ」と、桐林館さんでのUriさんの展示「素のまま」です。
2つのところで動物をモチーフとした作品の展示で面白かったです。購入できるはしもとみおさんの作品は、初日で完売とのことでした。ギャラリーは県内外からのたくさんの人で賑わっていました。2018年6月17日(日)まで。

 

菰野のちそうさんでの日出真司さんの個展「枯淡」。
写真の展示です。ご本人在廊で、写真とプリンターのこと、制作技法のことなどのお話をうかがうことが出来ました。2018年7月9日(月)までです。

 

去る5月には岡山県に行く機会があり、せっかくなので美術館に行きました。開館30周年を記念した「県美コネクション」(2018年7月1日(日)まで)というの展示を開催中の岡山県立美術館を目指し駅から歩いていくと、岡山市立のオリエント美術館が登場。そのままオリエントの世界に誘われて入館しました。設置されている作品のキャプションを見ると紀元前何千年とあり、不思議な時間感覚に包まれる美術館でした。じっくり観て回っていたら、県立美術館に行く時間は結局なくなりました。

 

少し前、3月に行った愛知県西尾市のart gallery Sight Sとその2階のカフェモリトネ。写真家の辻徹さんの写真展に出かけました。しっとりとして静かな写真。カメラの存在よりも作家の感性を感じるすばらしい作品でした。

そして西尾市まで来ると、お隣の蒲郡市にある清田の大クスも見ずにはおれません。かつてこの大クスを見た時に受けた感動により楠が好きになり、当教室にも「楠々社」の名前を付けたのでした。生き物としての大先輩です。エネルギーにあふれています。

津へ

桜満開の中、四日市展が無事終わりまして、津へ移動します。会場をお借りしているカフェドルチェさんでは、お席でコーヒーやお菓子、ランチなどもお楽しみいただけます。展示観覧のみは無料。会場が変わると作品の見え方も変わります。ぜひ作品を見に遊びに来てくださいね。

絵の教室 作品展覧会 津展
2018年4月3日(火)-4月8日(日)
11:00-17:00
caffè dolce
■ 場所 三重県津市上浜町1-290
JR線、近鉄線 津駅より徒歩約9分。駐車場有

真島直子 地ごく楽

名古屋市美術館へ真島直子さんの展覧会に行ってきました。チラシに不気味な作品が載っていたので、どんな展示なんだろうかという思いで行ってみました。行ってよかったです。人間を感じる作品群でした。観終わって外に出ると気持ちよく、公園には春を満喫する人々であふれていました。
この日は電車の中で「すべてのドアは、入り口である。(祥伝社)」を読みながら美術館に向かいました。その本に、知りたいというチャレンジが大事というようなことが書かれいて、その流れで観に行く展覧会という楽しみ方も出来ました。アートの楽しみ方入門の読みやすい本でおすすめです。美術館の売店にも置いてありました。この本を読むとアートと接近できます。接近するとどうなるかは、本を読んでみてください。図書館で借りて読んだのですが、教室の文庫に買い足しておきます。

真島直子 地ごく楽
2018年4月15日(日)まで
名古屋市美術館

春のギャラリー巡り

暖かくいい天気の日曜日、春のギャラリー巡りをしました。
まずは菰野のちそうさん。ギャラリーだけお邪魔しました。たくさんの人で賑わっていました。料理と美術と庭というコンセプトがかっこいいですね。食事は人気でなかなか予約が取れないそうです。

ちそう菰野
三重県三重郡菰野町大字菰野2657

 

続いては、いなべ市の宇賀渓のキャンプ場のところにあるカフェ&ギャラリー コナラさん。行くときにちょっとしたコツがいります。車で宇賀渓に入るとすぐ、係の人が駐車場代を取りに来ます。そこで「コナラさんに来ました。」と言います。そうすると通してくれますので、すぐの左手にあるコナラさんの駐車場に停めさせてもらいましょう。
現在「こそだて あいうえお展」開催中です。
下の写真にある子供がひらがなを楽しく覚えられる表(500円ほど)に描かれている原画が展示されていました。原画の方は「ぎゃ」「ぎゅ」「ぎょ」など全部の絵があり楽しめます。ひじやともえさんによる作品です。手作りの品やアート作品、振り子時計なども売っている、とても心落ち着くカフェ&ギャラリーです。

カフェ&ギャラリー コナラ
三重県いなべ市大安町石榑南2999-5 宇賀渓内

町屋スタジオ 侶居

2月から三重県四日市市に、ギャラリーやイベントスペースとしてオープンした町屋スタジオ?侶居さんに行ってきました。彫刻展が開催されていました。四日市の文化的活性化に向けて、こうした場所が始まることをうれしく思います。

White Sign ? 白い気配
田代裕基作品展
2018年2月25日(日)まで
12:00?18:00
※休館日:月、火曜日定休
町屋スタジオ 侶居(三重県四日市市朝日町1-13)