冬至

夕方5時半には、教室の外は真っ暗です。12月22日は冬至にあたり、一年で一番夜が長い日になります。これからだんだんと、一日のうちの明るい時間が増えていきます。その後は冬休みにクリスマス、お正月と、楽しいことも盛りだくさんでワクワクしてくる時期ですね。受験生にとっては大変な時期が続きます。今年はまだ暖かいので寒さは気になりませんが、身の回りで体調を崩す人が多い印象です。講師佐野もご多分に漏れず体調を崩し、生徒の皆様にはご迷惑をおかけしました。
冬至以降は日がだんだん長くなることや、新年に向かうことから、物事がだんだん良い方向に向かうという捉え方もあるそうです。冬休みに入って楽しいことが始まる、受験勉強が良い方に向かう、体調が回復するなど、皆さんがいい方向に向かっていくといいなと思います。絵を描くにも健康ありきです。健康第一で、残りの2018年を大切に過ごしましょう。

 

おえかき部の活動が12月9日にありました。毎月一度、教室で人物クロッキー会を開催しています。大きな楽器を持ってきてくれた部員さんがいて、とても盛り上がりました。次回は2019年1月13日(日)の開催予定です。