ちかくのたび

鈴鹿の山を越えた向こう側、お近江八幡のアートプロジェクト「ちかくのたび」に行ってきました。「ボーダレス」というテーマで、福祉と文化の格差、アートとまちづくりの協働、障害の有無という境目を越えるという取り組みが行われているアートプロジェクトです。
歴史を感じる近江の街並みを歩きながら、いろいろと寄り道をしながら作品を楽しめる展覧会でした。

まちや倶楽部 作品:平野智之
久保寛子 やさしい手
藤田マサヒロ Green Chan Project

ボーダレスアートミュージアムNO-MAで発行されているニュースレターは、デザインだけでなく、アール・ブリュットをめぐるコラムなど読み物としても内容がとても充実していておもしろく、展覧会への理解もより深まりました。

 

もうひとつ、四日市教室のある四日市の羽津地区の近所の古民家で絵の展示が行われていました。会期は短かったのですが、最終日に間に合いました。志氐(しで)神社の近くです。教室の近くに、このような場所ができてうれしく思います。