端午の節句

一刀彫り兜夏のように、さんさんと太陽の降り注ぐ連休となりました。
「こどもの日/端午の節句」として祝われる5月5日。「端午の節句(たんごのせっく)」について調べてみました。
季節の節目となる五節句のひとつ。端午の端は「はじめ」という意味で、「端午」は5月最初の午(うま)の日のことでした。それが、午(ご)という文字の音が五に通じることなどから、奈良時代以降、5月5日が端午の節句として定着していきました。
鎧(よろい)や兜(かぶと)を飾るのは江戸の武家社会から、鯉のぼりは町人文化から生まれた節句飾りだそうです。また、急に暑くなるこの季節は、昔から病気にかかったり、亡くなる人が多かったため、菖蒲湯に入ったり、ちまきや柏餅を食べたり、いずれも子孫繁栄、無病息災の願いを込めて始まり、今に伝わっているようです。
端午の節句は、子どもたちの健やかな成長を願い、お祝いする行事であると同時に、暑い夏の到来に向けて、心と体の調子を整える意味合いもあったのですね。

楠々社では、感性を育むため、季節を感じることを大切にしたいとの考えから、こうした季節の話題も発信していきます。季節に親しみながら、楽しく絵を描いていきましょう。