小満

楠々社 教室の様子

今年は、5月21日木曜日が二十四節気の「小満(しょうまん)」です。
この時期、陽気が良くなって、万物の成長する気が次第に長じ、天地に満ち始めるため、「小満」と呼ばれるそうです。楠々社のネムノキも、ここ1週間ほど目を見張る勢いで新芽を伸ばし、枝を広げつつあります。小満という節気名に納得です。

教室では大人の生徒さんも小中学生の生徒さんも、お互いの絵を見せ合いながら、絵を描く時間をそれぞれに楽しんでいただいています。万物の成長するこの季節、絵の上達にも絶好の季節ではないでしょうか。