夏至

教室の終わるころの時間に、外の明るさに驚いて、気が付けば夏至の日でした。紫陽花から向日葵へ、だんだんと夏が近づいてきています。

 

名古屋市美術館で7月1日(日)まで開催中の「モネ それからの100年」に行ってきました。展覧会のタイトルからはモネの作品は少ないのかなと思いましたが、たくさんありました。マーク・ロスコやデクーニングなど、その他の作品も豪華でした。睡蓮の絵で有名なモネですが、その睡蓮も今は花の季節だそうです。

 

季節の変わり目

教室のガラスでサナギになっていた青虫が、モンシロチョウになって飛んで行きました。6月、梅雨の季節に入って行きます。季節の変わり目です。みなさん体調管理に気を付けてください。絵を描くにも、何をするにも健康第一です。教室では、前日までのご連絡で、授業を振替していただけるようにしています。体調が悪い時などは、無理せずにお休みしてくださいね。

コーヒーブレイク

教室のすぐお隣に、カフェがオープンしました。ありがたいことにカフェの営業日と教室の開校日が重なっていて、まるでカフェ併設の絵画教室のようになりました。手回し焙煎機による自家焙煎のコーヒー豆をハンドドリップでいれてくれます。マイコップ、タンブラーなどを持って行くとテイクアウトもしてもらえるそうで、教室で絵を描きながら飲んでもらうこともできます。息抜きにご利用ください。コーヒー豆やお菓子も売ってます。

ポロックコーヒー

立夏

教室の前の草花や虫たちにも勢いを感じます。日差しが強くなり、どんどん季節が移り変わっていきます。光陰矢の如し。絵は、描けば描くほど上達します。一日一日を大切にしていきたいですね。

絵の目的

教室の展覧会を終え、生徒さんが展覧会のお礼状を描きました。気持ちのこもったお礼状です。展覧会出品のための額縁を選んだり、展覧会の当番をしたり、お礼状を書いたりすることも、大事な絵の勉強だと思います。
絵の上達を一つの目的として、そして、絵を描くことを通して達成したい目的をそれぞれに持って、日々の教室での時間を過ごしてもらいたいと思っています。

ものを見て描く

形を見る力、形を把握する力を身に付けてもらため、教室ではものを見て描くことを大切にしています。堅苦しく感じる人もいるかもしれませんが、その力は絵に限らず、もの作りに広く通じる大切な力です。せっかくなので楽しんで取り組みましょうね。春の季節とともに、新鮮な心持ちで新年度スタートです。

津へ

桜満開の中、四日市展が無事終わりまして、津へ移動します。会場をお借りしているカフェドルチェさんでは、お席でコーヒーやお菓子、ランチなどもお楽しみいただけます。展示観覧のみは無料。会場が変わると作品の見え方も変わります。ぜひ作品を見に遊びに来てくださいね。

絵の教室 作品展覧会 津展
2018年4月3日(火)-4月8日(日)
11:00-17:00
caffè dolce
■ 場所 三重県津市上浜町1-290
JR線、近鉄線 津駅より徒歩約9分。駐車場有

展覧会始まりました。

桜の咲く中、教室にて展覧会が始まりました。おかげさまで3回目の春の展覧会を迎えることができました。お散歩がてらぜひ遊びに来てください。

絵の教室 楠々社 作品展覧会
4月1日(日)まで
10:00-18:00
絵の教室 楠々社
■ 場所 三重県四日市市羽津中1-7-20
近鉄線 霞ヶ浦駅より徒歩2分。駐車場1台。
駅前コインパーキングをご活用ください。