ブログ

コーヒーブレイク

教室のすぐお隣に、カフェがオープンしました。ありがたいことにカフェの営業日と教室の開校日が重なっていて、まるでカフェ併設の絵画教室のようになりました。手回し焙煎機による自家焙煎のコーヒー豆をハンドドリップでいれてくれます。マイコップ、タンブラーなどを持って行くとテイクアウトもしてもらえるそうで、教室で絵を描きながら飲んでもらうこともできます。息抜きにご利用ください。コーヒー豆やお菓子も売ってます。

ポロックコーヒー

立夏

教室の前の草花や虫たちにも勢いを感じます。日差しが強くなり、どんどん季節が移り変わっていきます。光陰矢の如し。絵は、描けば描くほど上達します。一日一日を大切にしていきたいですね。

第62回 垂坂山学童写生大会

教室があるこの地域では、一年の間にいくつかの写生大会が行われます。そのひとつ、垂坂山の写生大会のお知らせが届きました。今年で62回を数えるという伝統ある写生大会です。参加は無料で、5月3日の9時から15時の間に作品を出す仕組みです。画材と四つ切りの画用紙は持参しましょう。写生大会の他にもコンサートや、みたらし団子の販売もあるようです。ぜひどうぞ。

絵の目的

教室の展覧会を終え、生徒さんが展覧会のお礼状を描きました。気持ちのこもったお礼状です。展覧会出品のための額縁を選んだり、展覧会の当番をしたり、お礼状を書いたりすることも、大事な絵の勉強だと思います。
絵の上達を一つの目的として、そして、絵を描くことを通して達成したい目的をそれぞれに持って、日々の教室での時間を過ごしてもらいたいと思っています。

ものを見て描く

形を見る力、形を把握する力を身に付けてもらため、教室ではものを見て描くことを大切にしています。堅苦しく感じる人もいるかもしれませんが、その力は絵に限らず、もの作りに広く通じる大切な力です。せっかくなので楽しんで取り組みましょうね。春の季節とともに、新鮮な心持ちで新年度スタートです。

津へ

桜満開の中、四日市展が無事終わりまして、津へ移動します。会場をお借りしているカフェドルチェさんでは、お席でコーヒーやお菓子、ランチなどもお楽しみいただけます。展示観覧のみは無料。会場が変わると作品の見え方も変わります。ぜひ作品を見に遊びに来てくださいね。

絵の教室 作品展覧会 津展
2018年4月3日(火)-4月8日(日)
11:00-17:00
caffè dolce
■ 場所 三重県津市上浜町1-290
JR線、近鉄線 津駅より徒歩約9分。駐車場有

展覧会始まりました。

桜の咲く中、教室にて展覧会が始まりました。おかげさまで3回目の春の展覧会を迎えることができました。お散歩がてらぜひ遊びに来てください。

絵の教室 楠々社 作品展覧会
4月1日(日)まで
10:00-18:00
絵の教室 楠々社
■ 場所 三重県四日市市羽津中1-7-20
近鉄線 霞ヶ浦駅より徒歩2分。駐車場1台。
駅前コインパーキングをご活用ください。

絵を始める

花が次々と咲き始めました。道端にはつくしも出ています。桜も今年は早そうですね。大学の合格発表もあり、教室にうれしい報告も届きました。教室では、受験生の方、デザイナーの方、イラストレーターや絵本作家を目指す方など、いろんな目標を持った人が絵を描きに来てくれます。小学1年生から80代の方までと年齢も幅広い生徒さんが同じ教室で学び、思い通りの絵を描けるようになるための練習をしています。新しいことを始めたくなるこの季節、習い事に、隠れた絵心の発見に、画力向上に、絵の教室 楠々社へぜひどうぞ。

3月のおえかき部人物クロッキー開催しました。次回は4月8日(日)10:00〜です。人物を描く練習に、ぜひご参加ください。

真島直子 地ごく楽

名古屋市美術館へ真島直子さんの展覧会に行ってきました。チラシに不気味な作品が載っていたので、どんな展示なんだろうかという思いで行ってみました。行ってよかったです。人間を感じる作品群でした。観終わって外に出ると気持ちよく、公園には春を満喫する人々であふれていました。
この日は電車の中で「すべてのドアは、入り口である。(祥伝社)」を読みながら美術館に向かいました。その本に、知りたいというチャレンジが大事というようなことが書かれいて、その流れで観に行く展覧会という楽しみ方も出来ました。アートの楽しみ方入門の読みやすい本でおすすめです。美術館の売店にも置いてありました。この本を読むとアートと接近できます。接近するとどうなるかは、本を読んでみてください。図書館で借りて読んだのですが、教室の文庫に買い足しておきます。

真島直子 地ごく楽
2018年4月15日(日)まで
名古屋市美術館