冬の教室

今年もあとわずか。教室もようやくコロナ前の様子が戻りつつあるように思います。今年は受験にあたる人も多く活気があります。風邪を引かないように、元気に乗り切りましょう!

師走

カレンダーの残りが少なくなってきました。彩り豊かな紅葉した葉も、風に舞い、道路で乾いた音を立てています。冬間近ですね。
あっという間に今年も12月、やり残したことはありませんか?
今年は絵を描くぞ!と思っていたら、もうあと1か月しかない!という方、まだ1か月あります。来年へつながる一歩を踏み出しましょう。
当教室では随時無料体験受付中です。ぜひどうぞ。

立冬

暦では冬に入りました。気温も週末にはぐっと下がってくるみたいですね。近隣の学校では学級閉鎖となっている所もあるようです。体調管理に気をつけましょう。
最近の教室の様子です。ハロウィンのかぼちゃなども描きました。まだまだ秋を楽しみたいところです。

 

秋のスケッチ会

日曜日に秋のスケッチ会に出掛けました。開館35周年の名古屋市美術館で福田美蘭さんの「美術って、なに?」を見てから、秋の気配を感じる白川公園でのんびりとスケッチをしました。よく晴れて過ごしやすく、まさにスケッチ日和、公園や美術館もとてもにぎわっていました。空気が澄んでいて、帰り道の夕焼けがとてもきれいに感じました。

秋の水彩画体験講座

これから水彩画を始めたいという初心者の方に向けた1日体験講座を開催します。お気軽にお申し込みください。

【日時】
2023年10月6日(金)
終了しました。次回は春に開催予定です。

【場所】
四日市教室(お車の場合は近隣コインパーキングへお願いします。)

【対象の目安】
大人

【定員】
6名(申込順)

【参加費】
1000円

【持ち物】
鉛筆、消しゴム(絵の具や紙などの画材はこちらで用意します。)

【申込方法】
お電話で(059-324-4817)までお申し込みください。

敬老の日

もうすぐ敬老の日。長生きすることは、生き物みんなの目標だと思います。教室にも80代、90代の生徒さんがいらっしゃいます。みなさん元気に楽しく絵を描かれています。
先日、健康に関する本を読んでいて、興味深いことが書いてありました。寝たきりにならずに100歳まで長生きしている人の共通項を調べたところ、「食事」「運動」「生きがい」、この3つが重要であるということがわかったそうです。生きがい、生きる目標のようなものだと思います。特にないなーという方、絵を描いてみませんか? 描いてみて、おもしろいなと感じたら、もしかすると、それが生きがいとなるかも知れません。絵はいつからでも始められます。

教室では無料体験の他、4回分の授業を受けられるチケットの販売もしています。ご興味のある方は、お問い合わせよりご連絡ください。

 

おえかき部

日曜日はおえかき部の活動日でした。おえかき部は、絵を楽しむことをみんなに広めよう!という活動です。三重県桑名市、四日市市、いなべ市でそれぞれ活動しています。楠々社では四日市教室で、そのおえかき部の活動として毎月第二日曜日に人物クロッキーをしています。
そして今年、コロナでしばらくお休みとなっていた毎年恒例のおえかき部の展覧会が、久しぶりに開催されます。自分も絵を描きたくなる、そんな展覧会です。ぜひどうぞ。

おえかき部展覧会2023
2023.9.14(木)-24(日)11:00-16:00
※13:00からカフェは筆談タイム、ラストオーダー15:30
※9.17(日)貸切のため観覧不可、9.18(月)、19(火)、20(水)は定休日
桐林館喫茶室/筆談カフェ(三重県いなべ市北勢町阿下喜1980)
駐車場有。北勢線阿下喜駅より徒歩11分。
☆9.15(金)11:00-15:00はkinari market開催

桐林館は戦前の木造小学校の姿を今に伝える国登録有形文化財(建造物)です。
入場無料です。約70点、カフェ前の廊下やカフェ内に展示します。

描きたいもの

鉛筆デッサンをしてもらうことが多い楠々社ですが、水彩画、アニメのキャラクター、夏の課題のポスターなどなど、いろんなものを描く生徒さんがいます。描きたいものがあれば、描きたいもの優先で描いてもらうというスタンスです。
たくさんの長い時間をかけて絵の練習をしていくと、いざうまく描けるようになった時に、いったい自分は何を描きたかったのか、忘れてしまうことが多々あります。描きたいもの、大切にしていきましょう。