ブログ

立冬

早いもので、もう11月ですね。立冬を過ぎました。
マスク姿にもすっかり慣れてきました。マスク着用が普通になってから出会った人は、マスクをとった素顔を知らない人もいます。不思議な感じがしますね。
今年も残すところ少なくなってきました。まだまだ油断できない日々が続きます。引き続き、教室へは検温の上、マスク着用、ハンカチ持参でお願いいたします。オンライン授業も引き続き受け付けております。ご活用ください。

 

おえかき部の人物クロッキーも第2日曜日に開催中です。
次回は12月13日(日)10:00-11:30です。月一回なので、次回で2020年はラストとなります。参加ご希望の方はお問い合わせください。

第47回四日市市美術展覧会

今年も四日市市、三重郡に在住、在勤、在学する15歳以上の人なら誰でも応募できる展覧会が四日市市文化会館で開催中です。教室からも数名参加しています。
今年は審査が動画で公開する試みもありました。こうした発表の場があることは、すばらしいことだと思います。

第47回四日市市美術展覧会

主催 四日市市
協賛 公益財団法人岡田文化財団/株式会社シー・ティー・ワイ/一般社団法人四日市市文化協会

2020年10月3日(土)~2020年10月11日(日)
10月5日(月)は休館日
9:30-17:00(入場は16:30まで)
四日市市文化会館
三重県四日市市安島二丁目5-3

夏の終わり

少し涼しくなり夏が過ぎていきます。感染症の流行から半年ほどが経ちました。人との距離や生活様式の変化により、絵を描くことなどの表現活動、心に触れるような豊かな時間の大切さをあらためて実感します。
教室では換気を行い、手洗いとマスクをお願いして感染症の予防に努めながら、これまで通り開校しております。小学生から大人まで、みなさん思い思いに絵に打ち込まれています。無料体験もありますので、興味のある方はお問い合わせよりご連絡ください。

『 水深 0m 』いなべ総合学園 美術部 部展

いなべ総合学園高等学校の美術部の部展『水深0m』が、岩田商店ギャラリーで8月11日まで開催されています。生徒さんが参加されていて見に行ってきました。美術部員が20数人もいるそうで、発表にも力が入っています。検温の上、マスク着用でお出かけください。

『水深0m』
2020.8.1(土)-2020.8.11(火)
11:00-17:00(最終日は15:00まで)
水、木曜定休日
岩田商店ギャラリー 1F(三重県いなべ市北勢町阿下喜1051-10)

無言館展 ~戦没画学生からのメッセージ~

四日市市立博物館で開催されている無言館展に行ってきました。
長野県にある戦没画学生の絵画を集めた美術館、「無言館」。その収蔵品を展示する特別展です。無言館は、開館したての頃、両親に是非にと連れられ見に行ったことがあります。その頃は自分は戦没画学生たちよりも若く、美術大学入学前、そして、現在は美術大学に入学卒業し、戦没画学生たちよりも歳をとりました。ちょうど、また見に行きたいと思っていたら、なんと四日市で開催とのことで早速行ってきました。
思う存分絵が描けることに感謝の気持ちが溢れる大切な展示だと思います。
館の入り口では感染症予防対策の徹底したチェックが行われていました。
みなさんもぜひどうぞ。

戦後75年 無言館展 ~戦没画学生からのメッセージ~
四日市市立博物館 市制123年 特別展

2020年7月18日(土)~2020年9月6日(日) 9:30-17:00(入場は16:30まで)
※月曜休館日(ただし8/11、8/31は開館)
四日市市立博物館
三重県四日市市安島一丁目3番16号

第5回菰野町 手づくり民話絵本コンクール

菰野町で民話にまつわる絵本や絵のコンクールがあります。
応募部門は、対象が中学生以上の絵本の部、対象が小学生以下のお絵かきの部となっています。
絵本の部は、菰野町の民話「福王山の天狗さま」を題材に。お絵かきの部は、菰野町の民話「福王山の天狗さま」を題材に制作し、作品を提出します。参加費無料、応募期間は2020年8月1日~8月31日(当日消印有効)です。
詳しくは菰野町絵本の町づくり文化プロジェクトのホームページをご覧ください。

菰野町の福王神社にてコンクールの絵を描く関連イベントも開催されます。
日時:2020年8月3日(月)
午前の部10:00~
午後の部13:00~
対象:小学生以下の子どもと保護者
参加費:無料
持ち物:絵を描く道具(画板、画用紙は配布します)
申込先:NPO法人菰野町スポーツ・文化振興会(TEL:059-394-3930)

教室の開校状況

感染症予防のためご遠慮いただいていた県外の方のご利用も再開し、通常通りの開校に戻りました。

◎感染予防のためのお願い
教室にお越しの際は、マスクの着用とハンカチをお持ちいただくようお願いします。また、事前に検温の上、熱がないことをご確認ください。よろしくお願いいたします。

日常

緊急の宣言が解除され、少しずつですが、いつもの教室風景が戻ってきました。教室を開けるだけでうれしく思います。この日常を続けられるよう、気を緩めず予防に努め、生徒さんをお迎えしたいと思います。

先月より始まりましたオンライン授業では、在宅でも授業を受けられる便利さや、教室では描けないものを練習できたりと、新鮮さと発見がありました。引き続きオンラインでの授業も受け付けております。ご活用ください。

 

教室の開校状況

緊急事態宣言を受け、5月6日(水)までの期間、オンラインによる在宅授業のみとし、登校による授業はお休みをいただいてます。5月7日(木)より、県の判断を踏まえ、感染症予防対策を施した上で、通常の授業も再開します。ただし、県外の方のご利用は、申し訳ございませんが、宣言が解除されるまでご遠慮いただきます。ご理解ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

春が来たが

やっかいなウイルスの影響で、教室で授業を受けてもらえない日が続いております。
美術館やギャラリーもお休みとなり、こうして絵が観られなくなると、美術館に絵を観に行ったりすることは、とても贅沢で特別なことだったのだと実感します。この時期を乗り越え、また絵が存分に楽しめる日を待ちたいと思います。みなさま、健康第一にお過ごしください。

先が見えにくいこんな時こそ、白い紙に絵を描いていくような、そんな力が大切、必要だと思います。
楠々社ではこれを機に、オンライン授業を始めました。ぜひご自宅での時間をご活用ください。